■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インド旅行記・その1
インドから戻り、休暇中ながらも、すでに書類整理などの仕事を始めました。
といっても、ろん夫が働いているんですよ。

今日は土曜日ですが、お弁当を持って診療所に出かけましたので、帰ってくるのは午後なんでしょうね。

インドでは、何処へ行っても、この方たちに熱烈な歓迎(?)を受けました。
歓迎だと思っているのは、げろんとだけですが・・・。


ushi


さて、インドでは有名な聖なる牛。
さすがにニューデリーの街中では見かけませんでしたが、オールドデリーでは健在。
他の町では、誰よりも威張って悠々自適に街中を歩き回っています。
当然ながら、所構わず排泄してくれますので、上だけを見上げていては大変。
ろん夫は、一度、被害にあいました。
何と、現地ガイド君も被害にあっていたので、不慣れな旅行者だけが標的になるわけではないようです。


今回の旅行のルートですが・・・。

飛行機でデリーに入り、デリーを観光。
アーグラへ向かい、あの有名なタージ・マハールを見て、
砂漠とラージプート族のマハラジャたちが支配したラジャスタンを観光するというルートでした。
このラジャスタン州だけで、独逸と同じくらいの面積。
各都市間の移動距離も、平均300キロくらいだったでしょうか・・・。

こちらをクリックしていただくと、簡単な情報が見られます。

お友達が、Googleを利用して、旅程をマーキングした地図をアップしていたのですが、私、やりかたがわからないので、すみません。ご存知の方、ご伝授願います。


日ごろ、忙しい毎日を送っていますので、さすがに、バックパックを背負って自分たちで旅を企画するという余裕がなく、独逸の旅行会社を通して、航空券とホテルのほか、エアコン付き車(暑くて埃も多い土地柄、窓を開けて走ることは避けたかったのです)と運転手、そして各都市での現地ガイドを手配しておきました。

旅行会社にまかせっきりの旅企画でしたので、不満がなかったわけではありませんが、いろいろな面で助かりました。



tata

車はインドの大衆車メーカーTATAのもの。
世界一の低価格車nanoで有名ですが、これはもう少しグレードも上。
必要最低限の設備しかない車でしたが、一応、事故なく走りましたし、我が家の大型スーツケース2個がしっかりとトランクに収まりましたので、なかなかのものだと感心しました。

そんなわけで、ボチボチとお写真をアップしていきますね。
何せ、400枚近くもあると、何から手をつけてよいのやら・・・。
片付けが苦手な性格なので、写真の整理も苦手なのです。とほほ。

↓↓今日もポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


げろんと紀行 | 10:23:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
おかえりなさい~
カレーの国は広いですね、各都市間の移動距離が平均300キロ!
私は行ったこともないし、行こうと考えたこともない国なので、どんな国なのか旅の様子のUPを楽しみに待ってます。
2010-09-25 土 18:50:06 | URL | withflute [編集]
withfluteさんへ
私も、若い頃にはヨーロッパばかりに目が向いていたのですが、実際にこちらでの生活が長くなると、アジアの空気に触れたくなるのです。普通は、皆さん、里帰りなさっているのでしょうが、私は「まだまだ体力のあるうちにしか行けない場所」に行っておきたいと、欲張ってしまうようです。
2010-09-27 月 21:25:54 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。