FC2ブログ
 
■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
トラックバックテーマ 第1038回「最近克服したもの」
最近克服したものというお題で、トラックバックテーマがありますので、書いてみようかと思います。

ワタクシ、最近、克服したものがあります。

実は、東欧系アクセントとロシア系の方々が苦手でした。

ロシア系の方々というのは、たまたま語学学校や大学で出会った人々や、その他の知人も、どうも気が合わないというか、エリート意識が強すぎる人が多くて、苦手だったのです。
東欧系アクセントは、慣れていなかったのが原因だったのかも。


最近、仕事関係で旧ソビエト圏で生まれ育った独逸人(と言っても、ロシア語が母国語)と話す機会が増えました。
げろんとが仕事でお会いする人は、トラックやタクシーの運転手さんが中心。
皆さん、家族を養うために、一生懸命、真面目にお仕事しています。
子供の写真をうれしそうに見せてくれたり、「本当は、家族との時間を大切にしたいから、ほかの仕事をしたいんだよ。でも、稼がないわけにはいかないからね」と話している姿に、げろんとは心が温まるのです。


日本人にも、独逸人にも、中国人にもいろいろいるように、露西亜系の方々にもいろいろといるのだと再認識しました。
そんなわけで、露西亜系に対する偏見を克服したげろんとでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑ お出かけ中ですが、「ドイツ情報」ってとこをポチッとお願いします。


こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「最近克服したもの」です。苦手なものというのは人には1つはあるはず・・・その苦手なもの、最近克服した!というものはありますか?吉久は「炭酸の飲み物」です!あのしゅわーっとするのが、昔はなんだか苦手だったのですが、お酒を飲むようになり・・じょじょに...
トラックバックテーマ 第1038回「最近克服したもの」

スポンサーサイト


トラックバックテーマ | 21:16:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
遠い国~~~
休暇はすごく遠いところに行かれたようですね♪ 
そうなんですよね、一生懸命に働いてるのもいれば、お金ばかりせびっているのも、これjはドイツ人、外人関係ないですね。 ただ、言葉もしゃべれなくてドイツのパスポート持ってて、年金を一銭も払ってなくて、しこたまもらえるシステムが不思議でなりません、、、、。
2010-09-19 日 16:45:20 | URL | アルペン55 [編集]
アルペンさんへ
> 休暇はすごく遠いところに行かれたようですね♪ 
***********
昨日、戻ってきました~。
8時間くらい飛行機に乗り、時差は3時間半のカレー国でした。

> そうなんですよね、一生懸命に働いてるのもいれば、お金ばかりせびっているのも、これjはドイツ人、外人関係ないですね。 ただ、言葉もしゃべれなくてドイツのパスポート持ってて、年金を一銭も払ってなくて、しこたまもらえるシステムが不思議でなりません、、、、。
**********
私も、疑問に思うことがよくありました。
語学学校時代でも、授業料が格別に高い有名語学学校に、ただで半年間通える人たち(教師や医師など特別な職業従事者??)がいて、クラスの7割以上がソビエト系独逸人だったことがありました。これ、税金から支払われていたわけですよね。そんなわけで、外国人として、コツコツ真面目に働くアルペンさんから見たら、腹立たしいこともあって当然です。
やっぱりね、中には、知的障害を持つ子供(といっても成人でした)のために、生活保障が出る独逸に移り住んだ家族や、年金が欲しいから独逸に来た年配の方もいたりして、そういう人がブツブツと「こんな国に来るんじゃなかった」とぼやくのを聞くと、「どうそ、さっさとお帰りください」って気分にもなります。
複雑ですよね、こういう問題って・・・。
2010-09-24 金 13:56:19 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。