■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
UPSの底力
独逸は、連日、一日中冷凍庫の中のような気温。
在住の皆様、生きておられますか?
げろんと、気管支炎のような、喘息のような症状が出ていまして、ずっと治りません。
現在、家庭の事情で、何かと外出する用事が多いものですから、家に閉じこもって治すことができなかったのです。今日は、久々に用事がなかったので、郵便受け&ゴミ捨てに家を一瞬出た以外は、引きこもっておりました。
薬の出前も頼みましたので、今晩ぐっすり眠って(可能なんだろうか??)、明日には良くなっているといいなあ・・・。


さてさて、先回の日記で、融通の利かなさを暴露された宅配業者。
何と、続きがあったのです。


ブログ記事にして、某所でもつぶやき、たまたま別件で電話してきたろん夫にも悪態を付き、少しすっきりしまして。太郎の離乳食の準備をしていたら、呼び鈴がなりまして・・・。

出てみましたら、何と!!
UPSのお兄ちゃんがやってきまして・・・。

「本部から、午後にはいないそうだから、手のあいているものが、すぐに取りに行くようにって連絡が来たから、本来の集配ルートとは外れているけど、特別に取りにきました。」

と、もったいぶって説明してくれました。


結論から言うと、3回来て不在で荷物が受け取れないくらいなら、従来のルートとは違っても、手に開いているものが取りに行ったほうが合理的だと判断したのでしょう。


やっぱり、最後の最後で、アメリカ式(?)の合理性が勝ちました。
荷物を紛失しておきながら、逆切れして、挙句の果てに、こちらには何の連絡も入れてこなかったドイチェポストよりは、マシな会社だと判明しました。

確か、日本からクロOコを使って独逸に送ると、UPSが独逸での提携先となるんですね。

むか~し、弓道の弓を送ってもらったときに、特別に長いサイズの荷物は、クロOコでしか扱えないということで、UPSのお兄ちゃんが持ってきてくれたことがありました。あの時は、日本から3~4日で独逸の我が家に届いたはずなので、ポストよりも早いでしょうね。
ただ、関税がかかるかもしれない場合は、UPSを使わないほうが良いのです。
UPSでは関税納入代行業をサービスとして提供していまして、代行料金が加算されて、割高になります。
ドイチェポストは、どういう理由だかわかりませんが、関税の分しか取られません。

ちなみに、独逸では他に、DPDとかGLS、ヘルメスなどという宅配業者もありますが、どこも「ここなら信頼できる」というものではないですね。


そんなわけで、あれだけ腹を立てていたUPSですが、最後の最後に頑張ってくれました。
汚名だけ着せておいては失礼なので、フォローの記事をアップしてみました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑
結構義理堅いのね・・・ってことで、今日もポチッとお願いします。

スポンサーサイト


げろんと的 独逸時事  | 19:27:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。