FC2ブログ
 
■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
UPSも使い物にならない・・・
日本もとっても寒いようですね。
ここ、独逸も急激に冷え込みまして、今の気温(朝9時前)がですね・・・


ま、マイナス8.6度!?!


でございます。


気管支炎のような症状も治まったので、今日、太郎の「赤ちゃん水泳教室」にデビューしようと思ったのですが、ノロノロ準備していたら、太郎が熟睡態勢に入ってしまいました。
フロントグラスをガリガリ・・・するのも時間がかかるし、無理に起こして不機嫌のときに水泳させても可哀想だと思って、天気は良いですが、引きこもりを決意。
冬、朝9時から水泳教室ってのは、要領の悪いげろんとのような母親にはキツイですねえ。
(ちょうど、太郎が寝てしまう時間ですし・・・)


さて、本日のテーマ。
アメリカ系宅配会社のUPSについてでございます。


先日、某エスプレッソ会社でエスプレッソの豆などを買いました。
大手では、私が一番美味しいと思っているイタリアi社のものです。

ところが、間違った商品が送られてきた・・・。
間違っていても、こっちが得するんなら、黙っておこうかと思うんですが、こっちが50ユーロも損する。
こりゃ、いけない・・・と慌てて電話しまして、商品の交換をお願いしました。
そのときに、
「家にいないことも多いので、すぐ近所にあるサービスセンターに届けます。」と言ったのですが、i社のほうから、「会社の規定で、UPSのものが取りに行くことになっていますので、不在の際には、UPSと交渉してください」と返答されまして・・・。

そのUPSが、昨日の夕方、荷物を取りにやってきたそうなのです。
が、義母の誕生日のお茶会(といっても、義理両親と私たち3人だけ)に呼ばれて、不在でした。
不在連絡票には、「明日、取りに来ます」となってまして・・・。
でも、本日もUPSが取りに来る夕方には、W市の大学病院にいる義母の送り迎えを頼まれたので、不在の予定。
そして、恐らく明後日も退院する義父を送るために、不在の可能性が高いのです。


仕方なく、UPSに連絡(それも、あの1分間に14セントもする長割高な電話番号!!)して、

「こちらから、サービスセンター(ベビーカーで散歩できる距離)に出向きます」と申しましたら、


「それは不可能です」と。


何でも、「依頼者(i社)との契約で、こちらが取りに行くことが条件という形での料金を支払われていますので、お宅に荷物を取りに行かないといけないことになっています。」ということだそうです。

でも、不在ものは不在。
3回きてもらったところで、家にいなきゃ、荷物は渡せません。

UPS「お隣さんにお願いできないんですか??」


いや、私が、このアパートの住人の荷物受け取りを毎日のように引き受けている状態なんですから、ここには誰もいないですよ。


UPS「依頼者(i社)のほうから、返品方式を変更してくれなければ、こちらでは別の対応はできません。」の一点張り。


こちらも、堪忍袋の緒が切れそうでした。
いつまでも、不要な商品を家においておくのはイヤだし、先方からは、UPSと電話で交渉してくれって言われたんですよ・・・と、落ち着いた声で交渉を試みたものの失敗。
本当に、融通が利かない。
最終的に迷惑しているのは、いらない商品を送付されてきて、その返品すらスムーズにいかず、イライラしているこの私です。


ちなみに、依然書いた、英国デパートからの商品が届かない件。
デパート側にクレームをいれ、デパート側からのクレームに「紛失しました」とDHLが返答をしたそうです。
DHLから私に、「調査します」と言ってきたのに、私に直接「紛失」のお詫びは無し。
デパートは、返金を求めたら、さっさとお金を返してくれました。
これが独逸のデパートだったら、「どっちが客や??」と問い返したくなるような態度を、「顧客サービス係」にされ、返金までの道のりも、とてつもなく長いものとなったことでしょう。



知人も別の所でぼやいていましたが、ここんとこ、独逸の運輸業、ダメですねえ。
UPSはアメリカ系ではありますが、あの融通の利かなさは、まさに「独逸のサービス体制」です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑災難だったね、ってことで、今日もポチッとお願いいたします。



スポンサーサイト


げろんと的 独逸時事  | 09:24:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
この国にはサービス業は存在しない??
あははは~~って他人事なら笑えますが、自分に起こったら激怒ですね!
そもそも、何で間違ったコーヒー豆が来るのか(笑) その後、UPSの融通の無さ、ま、何回でも来てもらいましょう! DHL,結局、知らんふりして終わらせたんですね、、、。
2012-02-05 日 19:47:26 | URL | アルペン55 [編集]
アルペンさんへ
> あははは~~って他人事なら笑えますが、自分に起こったら激怒ですね!
********
自分に起こったら、ブログねたにでもしないと、やっていられないくらい腹が立ちます。
でも、何だか、笑える話ですよね。

> そもそも、何で間違ったコーヒー豆が来るのか(笑) その後、UPSの融通の無さ、ま、何回でも来てもらいましょう! DHL,結局、知らんふりして終わらせたんですね、、、。
*********
エスプレッソをいれるポットと豆のセットを頼んだはずなのに、カップそ豆のセットが来てしまったのです。
結局、再び届いた正しい商品のポットは壊れていて、返品しました。
いい加減さが売りのイタリアのコーヒー会社の、融通が利かない独逸の支社・・・ということで、今後、この会社のものは通販では頼まないことに決めました。

英国の王室御用達デパートは、すぐに返金してきたので、信頼度が違いますね。
DHLは、もともと信頼していませんが、地底3メートルくらいまで、信頼度が落ちています。
2012-02-06 月 22:41:27 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。