■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ボンで懐かしのアニメキャラたちに会う
土曜日に、太郎を義理両親に預けて、ボンまで出かけました。
ボン(というか、南部のBad Godesbergという地区)は、たった2週間でしたが、語学コースに通ったこともあり、私が好きな町のひとつ。
でも、我々がボンにいく目的は、ここなのです。


Kunst- und Ausstellungshalle der Bundesrepblik Deutschland
HPは、こちらです。


ボンには、ここ5~6年くらいの間、平均年1回のペースで通っています。
最初に行ったのは、台北故宮博物館の展示。
ここの展示に影響されて、旅行先を決めたり、遠い将来の旅行先を話し合ったり。
博物館めぐりも旅行も、太郎を授かるまでは、我々夫婦の共通の趣味でした。


今回の目的は、これ

ここの展示は、展示物の質だけでなく、構成も説明においても、いつも素晴らしいので、かなり期待して出かけました。
博物館好きのげろんと夫婦には、作品の背景、社会情勢や歴史との関連などの説明が不十分で、不完全燃焼気味でしたが、懐かしいアニメのキャラクターが勢ぞろい。

同世代の私たち、同じアニメを同じ時期に、遠く離れたそれぞれの国で見ていたんだな~と、不思議な気分。
それもそのはずで、げろんとが子供の頃に見ていたアニメ、日本のアニメーションですが、ドイツのZDFとの共同制作だったりしたのです。だから、欧州原作の話が多かったんですねえ。

ちなみに、私たち夫婦、好みが似ているのか、好きなアニメが似ています。


この展示だけを見に、遠くから片道3時間かけて出かけた私たちですが、どうせなら、同時開催中のアフリカの世界文化遺産(マリ)と両方見たほうが、お得です。げろんと夫婦は、住んでいる村の写真愛好会主催のスライドショーで見たことがあったので、無理に見ませんでした。

自分へのプレゼントに、鉄腕アトムのポスターを買っちゃいました~。
太郎の部屋には、トトロのメイちゃんのポスター♪♪

今日の朝から、「そっらをこえて~~。♪♪」と歌いながら、太郎のオムツかえてます。
昨日は、帰りの車を運転しながら、「となりのとっとろ~、とと~ろ。」と歌っていたんですが、途中でガソリンタンクの赤ランプがついてからは、いつスッカラカンになるか・・・と気が気じゃなくて、歌どころじゃなくなりました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑今日もポチッとお願いいたします。
ろん夫とげろんとの大好きなアニメは、ハイジ。
フランクフルトのレーマーとか、ちゃんと描かれていて感心。
スポンサーサイト


げろんと紀行 | 21:56:10 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
ボン
へ~、あそこの博物館そんな事してるのね。
実は先々週この博物館の前通って見てたんだけども。。。
ワタシもよく旦那にくっついてボンに行くのだけども常設の博物館は見尽くした感じだし、買い物もそんなに楽しくないし最近もっぱらカフェで本読んだりネットして過ごしたり、時間があるときは隣町まで行ったりしてましたわ。
こういうのの特別展、頻繁にチェックしておいた方が特だね。
良い事聞いた♬
2011-10-31 月 10:30:40 | URL | amy [編集]
amyさんへ
あの博物館、いろいろな展示してます。
でも、お勧めはミュージアムショップじゃなくて、外にある本屋だったりします。

> ワタシもよく旦那にくっついてボンに行くのだけども常設の博物館は見尽くした感じだし、買い物もそんなに楽しくないし最近もっぱらカフェで本読んだりネットして過ごしたり、時間があるときは隣町まで行ったりしてましたわ。
*********
ご主人への同行も大変だね。
同じ町ばかり何度も行くと、飽きてくるものね。

> こういうのの特別展、頻繁にチェックしておいた方が特だね。
> 良い事聞いた♬
**********
是非是非、今度から、たまにチェックしてくださ~い。
2011-10-31 月 22:14:49 | URL | げろんと [編集]
良いご趣味です♪
博物館めぐりがお二人のご趣味ということですが、さすがですね~~♪
我々も見習いたいと思います。 入場料を払ってはいるところが苦手でして、、(笑)
楽しんでこられましたね♪
2011-11-02 水 00:03:36 | URL | アルペン55 [編集]
アルペンさんへ
> 博物館めぐりがお二人のご趣味ということですが、さすがですね~~♪
*******
その代わり、美術館、コンサートや観劇は、夫から拒否されます。
一度、福岡の博物館で半日過ごしてしまい、頭痛を起こしたことも・・・。

> 楽しんでこられましたね♪
**********
もしかしたら、アルペンさんも懐かしさを覚えるようなアニメキャラもいたかも・・・です。
2011-11-02 水 18:45:10 | URL | げろんと [編集]
家庭医さん
昨日のSDRのテレビニュースで、ある州都の家庭医が受け持ち患者60人ぐらいにでしたか、「来年から他のお医者さんに行って下さい」とKuendigungをおくって、話題になってました。 その中に91歳のおばあさんも含まれてて、「開業以来の患者なのに、、この年で慢性疾患があるのだから何処からも歓迎されないですよ、、」と途方にくれてました、、、。
今の家庭医システムって絶対おかしいですよね、なんで仕事すればするほど収入が減るんでしょうかね、、、。そのお医者さんの言い分は、「今のままでは3ヶ月に来る患者は増えて、でも収入は増えず。診療に対するリスクが増えても収入は増えないからイヤだということだ理解しました(笑)
2011-11-04 金 17:49:05 | URL | アルペン55 [編集]
アルペンさんへ
> 昨日のSDRのテレビニュースで、ある州都の家庭医が受け持ち患者60人ぐらいにでしたか、「来年から他のお医者さんに行って下さい」とKuendigungをおくって、話題になってました。 その中に91歳のおばあさんも含まれてて、「開業以来の患者なのに、、この年で慢性疾患があるのだから何処からも歓迎されないですよ、、」と途方にくれてました、、、。
***********
そうですか。60人一気にですか。
この60人の患者さん、多分、それぞれに理由があって追い出されたんだと、想像できます。
利益が上がらないとかそういう理由だけでなく、「長年の問題児」で、医師の言うことを聞かないで、我がままし放題だったんだろうな・・・とか、いろいろと裏があることでしょう。

> 今の家庭医システムって絶対おかしいですよね、なんで仕事すればするほど収入が減るんでしょうかね、、、。そのお医者さんの言い分は、「今のままでは3ヶ月に来る患者は増えて、でも収入は増えず。診療に対するリスクが増えても収入は増えないからイヤだということだ理解しました(笑)
***********
バイエルン州の場合、四半期につき、1200人の保険患者というのが、大幅削減されないリミット。
ただ、うちのように一人体制だと、1200人以上いると、本当に患者さん全てをしっかり把握できないので、医師として完璧に仕事をこなせない状態にも陥るのです。
メディアというのは、自分たちの報道したいように、事実を勝手に脚色して報道していますので、全てを鵜呑みにしないほうがいいでしょうが、開業医というのは、(特に若い医師たちにとっては)経済的にも精神的にも、メリットの少ない仕事というのは、確かです。
2011-11-06 日 11:36:17 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。