■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Würzburg マリエンベルク要塞の地下道潜入
10月3日は独逸統一記念日でした。
フランクフルトまで客人を送ったあと、親子3人でお散歩を兼ねて、地元の観光名所のひとつであるマリエンベルク要塞へ寄りました。
今回の目玉は、普段は入ることのできない地下道と、その入り口にある塔。

太郎連れでも大丈夫かと心配しましたが、親切な係員さんが、
「途中までなら、抱っこするか、(車用の)ベビーシートに乗せたまま行くことができるよ。
ベビーカーは、ここにおいとけば、帰ってくるまでの間、見ててあげる。」
と、言ってくれまして・・・。

まずは、塔に登って、町の眺めを楽しみました。


blick aus der festung

バルタサー・ノイマンの傑作 Käppeleケッペレという教会(写真右上の二本の尖塔が目印)が見えます。

要塞のある山の斜面には、ワイン用ブドウ畑が一面に広がっています。
ボックスボイテルと呼ばれる珍しい形のビンで有名な、フランケンワインの産地です。

weinberg hinter der festung

塔からの眺めを楽しんだあとは、いざ「地下道」に潜入。


untergrund der festung

暗くて、涼しいですが、斜面を利用した作りなので、時々、敵を攻撃するための小さな窓が作ってあり、かび臭さなどはありません。
何でも、30年戦争の際に、スウェーデン軍から要塞を守るために、必要に駆られて作られた通路なのだとか。
入り口が隠れた場所にあるので、もしかしたら、司教さま、自分だけこっそりと、ここから逃げることも視野に入れていたのかな??

途中にある広くなった場所まで行き、引き返してきました。
実際には、要塞の中にあるレストランの地下まで行くことができるようです。
ちなみに、ここのレストラン、できればコーラやミネラルウォーターなど、どうやっても不味くできないものを注文しましょう。営業妨害と言われないように、「行かないように」とは書きません。

untergang der festung


こんな階段だらけの昇り道(この写真は帰りに撮影したので、下りに見えますが・・・)では、ベビーカーは無理ですね。持ち運びが可能なベビーシートをそのままのっけられるバギーでやってきて大正解でした。
ベビーシートを持ち歩いたのは、「めざせシュワちゃん計画」挫折気味のろん夫。
げろんと一人なら、太郎をこんな場所には連れて行きませんでした。
新鮮な空気と10月始めにしては力強かった日光のもとで散歩したほうが、太郎には良かったはずですもの。


ああ、これから寒くて暗い冬が始まるのね・・・。
ウツウツ・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


頑張ってくれたろん夫のために、↑↑ポチッとクリックお願いします。
スポンサーサイト


げろんと紀行 | 23:09:43 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
遠くから眺めたんですよ~
ローテンブルクから、ヴェルトハイムに向かう途中、高速から要塞を妻が写真に撮りました(笑) 大昔、庭まで入ったんですが、建物の中にはまだ何処にも入ってません。レストランにも入ってなくて良かったです(笑) 良い眺めに、地下道、なかなか見られない所を堪能されましたね! 息子さん、もうすっかりハイキングの基礎が出来てます!
2011-10-07 金 09:04:11 | URL | アルペン55 [編集]
アルペンさんへ
あら、ここは高速からも見えるのですか?
知りませんでした。

> 大昔、庭まで入ったんですが、建物の中にはまだ何処にも入ってません。レストランにも入ってなくて良かったです(笑) 良い眺めに、地下道、なかなか見られない所を堪能されましたね! 息子さん、もうすっかりハイキングの基礎が出来てます!
************
ここは、夫が国家試験を受けた場所で、彼は観光客が入ることのできない部屋に入ったのですよ。
ここの博物館は見る価値があると思うので、お近くにいらっしゃることがありましたら、お立ち寄りください。あ、レストランは・・・コーラならお勧めできます!!
2011-10-07 金 21:33:26 | URL | げろんと [編集]
きれ~い!
一面のブドウ畑!きれいですねぇ。
これから色づいてまた違った表情になるんでしょうね。
やっぱりブドウ畑の広がる風景が似合いますね、この斜面は。
(私が行ったときは雪でしたもんね・笑)
2011-10-10 月 23:54:00 | URL | ロイワン [編集]
ロイワンさんへ
うちのあたりは、どこを見回しても、ブドウ畑がひろがっているので、あまり意識しなくなってしまったのですが、改めて写真で見ると、美しいですよね。
そうそう、ぶどうの葉が色づくと、すごくロマンチックなんですよね~。

> (私が行ったときは雪でしたもんね・笑)
*************
そうか~、そうでしたよね。
あれから、すでに10ヶ月過ぎたわけですよね。
あの頃、お腹にいたはず(←気付いていなかったんですが)の太郎は、ちっちゃい受精卵の姿から6キロの巨大児にまで成長したんだな~と、ちょっと感動。ウルウル。(←思いっきり親ばかです)
2011-10-11 火 08:13:08 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。