■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
旅行用予防接種
前回の記事の補足です。

独逸の予防接種は「基本的に無料」と書きました。
しかし、独逸国内では感染する可能性がない(あるいは非常に稀である)伝染病に関しては、「旅行用予防接種」という扱いになり、有料です。

たとえば、
肝炎(A&B型・ただし18歳未満のB型肝炎は無料扱い)
チフス
黄熱病
狂犬病
コレラ
日本脳炎
マラリア予防薬(これは、飲み薬です)
などです。
(参考サイト:http://www.tk.de/tk/impfen/impfungen/reiseimpfungen/23574)


企業からの出張・駐在などで、これらの予防接種が必要な場合、産業医が予防接種をして、雇用主が費用を負担することになりますが、個人で旅行するために必要であれば、自己負担となりますので、かかりつけの家庭医で問い合わせ、予防接種が可能かどうか尋ねます。

げろんとの場合、日本脳炎と黄熱病以外は、独逸でも接種したのですが、ろん夫が「期限が切れそうなワクチン」をもらってきて家で注射してもらった(←廃棄予定のものだったので、タダ)ので、詳しいことがお伝えできないのですが・・・。マラリア予防薬は、持参しましたが、服用せず。

狂犬病に関しては、発病したら致死率が100%と言われており、前もって予防接種をしても、「怪しい動物に噛まれたら、必ず、一定時間内に追加接種しなければならない」そうです。ただ、前もって予防接種してあると、発病率が下がるとも言われています。
ろん夫は、この点には非常に気を使っていて、旅行先では一切、動物に触れさせてくれません。
そうそう、犬や猫だけじゃなくって、コウモリとか、とっても危険だそうです。
小心者のげろんと、カンボジアの洞窟でも、インドの廃屋でも、ビクビクしながら観光したので、頭痛を起こしてしまいました。(これじゃ、旅行が楽しめないですね~。)

ところで、カンボジア旅行やインド旅行をしたときに感じたのですが、日本語のガイドブックと独逸語のガイドブックを比べると、日本語のガイドブックは伝染病に対しての注意喚起がゆるやかですね。
独逸人は、原発問題でさっさと日本を逃げ出したことからも想像できるように、「起こりうる危険」に対する準備が万端すぎるというか、石橋を叩きすぎて渡る前に怖くなって逃げ出すというか、そんなところがあるのかもしれません。危機管理を万全にと思うあまり、パニックに陥る傾向があるんですね、つまり。

日本人は、ある意味ではアジアっぽい。
情報を与えられていないからというのもあるかもしれませんが、どこかゆったりと構えている。
(そして、有事の際には、大パニック)
どっちがよいのかわかりませんね。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑
今日もポチッとお願いいたします。
ところで、あれ? この危機に対しての独逸とアジアの反応の傾向、げろんと夫婦と一緒です。
もちろん、げろんとがアジアっぽい。。。




スポンサーサイト


独逸医療制度 | 12:37:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
狂犬病
日本では、”狂犬病の予防接種”というと、まず飼い犬のか?と
思ってしまうほど人間の狂犬病に対して意識がないですよね。
(私も含め)
とはいえ、子供の頃”ブラックジャック”という漫画が好きで読み倒していたので、犬に咬まれる→狂犬病になる→痙攣して水を恐れる(笑)
ってのは知ってたのですが、致死率100%は意識になく・・・。
家ではずーっと犬を飼っていたので、犬には狂犬病の予防注射はしていたし、犬は大好きなのですが、その調子で外国で犬や猫を触っちゃいけないというのは旅行に行きだしてかなり経ってからです。
こうもりなんかも危険らしいですね~。
確かに日本人、そーゆーことには楽観的ですね。
その割には自殺率高いけど・・・。
2011-09-12 月 15:05:40 | URL | ロイワン [編集]
ロイワンさんへ
お返事が大変遅れました。申し訳ありません。

> 日本では、”狂犬病の予防接種”というと、まず飼い犬のか?と
> 思ってしまうほど人間の狂犬病に対して意識がないですよね。
> (私も含め)
> 家ではずーっと犬を飼っていたので、犬には狂犬病の予防注射はしていたし、犬は大好きなのですが、その調子で外国で犬や猫を触っちゃいけないというのは旅行に行きだしてかなり経ってからです。
> こうもりなんかも危険らしいですね~。
*************
そうなんですよね。私も、同じようなものでした。
犬を触っちゃいけないというのは、相方と旅行するようになってからです。
こうもり、とっても危険ですので、洞窟見学とか、必ず厚手の長袖長ズボンで行くようにしています。
2011-09-19 月 12:00:15 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。