FC2ブログ
 
■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
帰宅後、再び入院
前回の記事では、旅先での入院について書きました。

病院から自宅が遠い(約700km)ということで、今後のことを考え、状態が落ち着いた時点で退院させてもらい、車で帰宅しました。
普段なら、夫婦で交代しあって運転するのですが、さすがに今回は、ろん夫が全行程を担当。
申し訳ない気持ちでしたが、助かりました。
本当は、げろんとの小さなライオン丸(燃費が良いので、ガソリン代が安くあがる)で出かけることも考えていたのですが、ろん夫のちょっとマシな日本車で出かけて大正解でした。やっぱり、退院してすぐに、あのライオン丸のカチカチシートで700kmの道のりを帰ってくるのは、きつかったでしょうから。


夜9時過ぎごろに自宅に戻り、簡単な夕食を済ませた後、お風呂に入り就寝。
翌日(月曜日)に、こちらの大学病院の外来へ行き、診察後、即入院となりました。

げろんと、ここでは7年前からお世話になっていまして、定宿のように、何度も入院しております。
最初から「入院することになるだろう」と思っていたので、前夜にはゆっくりお風呂に入り、受診の際にも、入院セット一式を持参していました。万が一、入院手続きが遅くなり、昼食がもらえないときのために・・・と、非常食のサンドイッチと野菜まで準備。

与えられた部屋は、3人部屋が空いていなかったため、一人部屋。

mein zimmer

画像だと分かりにくいのですが、まるで刑務所にいるんじゃないかと錯覚するような雰囲気の部屋。
シャワーとトイレは「共同」。
この病棟、実はプライベート保険の患者さんの病棟で、げろんとのように普通の健康保険にしか入っていない患者は、本来、入院できないのです。一般病棟が空いていなかったために、偶然、ここに入ることが出来ただけなので、文句は言えません。
また他の部屋には、シャワー・トイレも完備されていたので、「自分専用のお手洗いに行くのに、少し廊下を歩く」という程度に感じました。


入院で一番困るのは、食事。
げろんと、もともと学食などのお陰で、ドイツ風の食生活に慣れていますので、入院しても、それほど困ることはなかったのですが、今回は特別な事情があって困りました。


ここでの朝食、なかなか惨めなものでして・・・。
通常は選べるはずの朝食、げろんとには問答無用で「ダイエットメニュー」が出されて、これが切ない内容だったのです。

fruehstueck

ライ麦のパン2つに対して、脂肪分40%マーガリン1つ、低脂肪のフレッシュチーズ1つ、ダイエットジャム1つ。マーガリンやジャムは、ホテルの朝食ビュッフェに出てくるサイズのものです。
メインであるはずの昼食も、同じようにひもじく、入院中に体重がガタリと落ちました。
夕食は、独逸では当たり前のように、パンとハム・チーズ・ソーセージなどが出てくるのですが、これが夕方5時30分~45分くらい。ダイエット食ですので、量も少なめ。

そして、朝食は7時45分~8時ごろに出てきますから、夜中になると、お腹が減って眠ることが出来ないのです。プリンやムースなどの「お夜食」も夕食時に出てきますが、これを食べると、胃がもたれて眠れない。
朝は、基本的に6時半~45分に検温&血圧測定に来ますので、そこから朝食までの長いこと。

食い意地のはったげろんとには、本当に悲しかったです。



でも、悪いことばかりじゃありません。
部屋の窓からの景色は、素晴らしかったです。

festung

それに、ベッドに寝たきりの安静状態ではなく、病院の敷地内であれば、動き回っても良かったので、毎日3回は地下(といっても、一階のようなもの)に降りて行き、庭を散歩しました。

garten frauenklinik

frauenklinik garten2

独逸の入院時の自己負担額(公的保険患者の場合)は、1日10ユーロ。
入院日数が年間28日を越えると、それ以上は自己負担がゼロになります。
げろんとは、3年半前に、11月から入院して、12月末までの間に自己負担ゼロになった記録を樹立しましたが、今回の大学病院での入院は、合計21日で済みました。

Rendsburgでの入院は4日間でしたので、合計25日。
今は、退院して、週3日の外来観察。
駐車場探しなどが面倒ではありますが、やっぱり自宅のほうがいいですね。

約1ヶ月、仕事もあり、大変な思いをしながら、たとえ15分だけでも病院に欠かさず来てくれ、げろんとの愚痴を聞いてくれたろん夫に感謝です。
ろん夫が倒れてしまう前に、自宅に戻ることが出来て、内心ホッとしています。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

頑張ってくれたろん夫のために、今日も↑ポチッとお願いします。

スポンサーサイト


身近な出来事 | 12:26:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
退院おめでとうございます♪
お散歩が出来る入院という事ですが、でも入院ですから、お帰りになってよかったですね!! お腹が減ると不機嫌になる私です(笑) 今日も雨、、、夏は暑いほうがいいですね~‘! 暑い時は暑すぎるって文句も言いますが(爆)
2011-07-23 土 10:38:57 | URL | アルペン55 [編集]
アルペンさんへ
あくまでも「経過観察程度」の入院でしたので、比較的自由だったのです。
でも、病院でひもじい思いをしたのは、これが始めてでして・・・。
こっそりと自販機でピーナツを買ったり、ろん夫にお豆腐や生野菜を差し入れしてもらったりして、空腹を凌ぎました。
今は、週3回の通院生活ですので、実は面倒です。


私、屋根裏生活ですので、できれば涼しい夏のほうがいいです。
2011-07-24 日 06:04:43 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。