■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Eckernfoerde バルト海沿いの小さな港町
皆様、「やっとかめ」(名古屋・尾張地区の方言で「久しぶり」)でございます。


休暇旅行のついでに、長期にわたってブログを放置しておりましたが、再びブログ活動を再開してみます。
いろいろと先が見えない状態ですので、いつまで続くかわかりませんが・・・。


北ドイツ・バルト海沿いの小さな港町Eckernfördeで休暇を過ごしていました。
現在の状況を考え、「医療機関・医療保険の事情が分かっている行き先=とりあえず国内」という選択をして、結果としては大正解となりました。


この話は、そのうちアップすることにして、まずは楽しかった旅行のことでも。

幸い天候にも恵まれて、旅の前半はちょっと足を伸ばしてお隣のデンマークに行った以外、浜辺でのんびりと過ごしました。
借りていた休暇用アパートは、浜辺まで徒歩15~20分、町まで徒歩10~15分、そして近所には昔は海と繋がっていた(今は地下で一部のみ繋がっているそうです)Noorと呼ばれる巨大な入り江がありまして、立地条件は最高。
ダイニングキッチン(コーヒーメーカー、食器は勿論のこと、冷蔵庫、オーブンや電子レンジも全て完備)、リビング、寝室とシャワー&トイレという間取り。これで、一泊(清掃・エネルギー代も込み)30ユーロちょっとでしたので、節約大好き(というよりケチ)なろん夫も大満足。
探し出したのは、当然、げろんと。


strandkolb

本当に何もないところですので、毎日こんな籠(Strandkolb)を借りて、本を読んだり、お昼寝したりして過ごしました。
(独逸語では、Strand:浜辺、Kolb:籠 ですので、まったく見ての通りのネーミングですね)

実は、バルト海沿いも北海沿いも、ドイツの海岸沿いというのは風が強く、天気が不安定。
晴れているように見えても、急に雲が出てきたり、雨がポツポツと降ったり。
そんなときに、とりあえずこういう籠があると便利なのです。


haus am strand

浜辺沿いの散歩道には、こんな素敵な家が。
こういう家に住んでみたいと思いつつ、内陸部では目立ちすぎちゃうでしょうね。
レンガ造りの家って、長年の憧れなんですが・・・。
(壁の修繕とか必要ないし)

eckernfoerde stadt

これは、町の中の路地。
大通りから一本入ったら、素敵なカフェやお洒落なお店も。
何だか、うちのあたりよりもお洒落なのは、一応、リゾート地だからなんでしょうね。


hafen eckernfoerde

ここが港。
とてもちっぽけな港ですが、内陸部に住んでいるげろんとは、これだけでも感動。
滞在地のご紹介は、これだけ・・・。

はい、本当にこれだけしかない、ちっぽけな町だったのです。
そんなわけで、一日は、デンマークまで足を伸ばし、一日は、キール(シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州の州都)へ行く予定を立てました。

次回は、デンマークへの小旅行のお話でも・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

久々に↑↑ポチッと応援お願いします。

スポンサーサイト


げろんと紀行 | 19:30:53 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
お久しぶりでしたが
なんか調子悪かったんでしょうか?? 元気復活されますように!!

北の雰囲気、バリバリ出てますね!! 休暇、楽しまれたようですね!
わたしの聖霊降臨祭休暇はずっと家で過ごしました~(涙)
2011-07-14 木 19:47:38 | URL | アルペン55 [編集]
かわいい街ですね!
やっぱりリゾート地というのは街をかわいらしくデコるんでしょうか?
でもこんな街を歩くだけでリゾートに来た!!って感じがしますね。
北部の海の籠チェアにはそんな理由があったんですね、なるほど。
上に乗ってるカモメがかわいくマッチしてます・・。

キール、昔Uボートを見たくて行きましたよ~
キールからバスでラボエってところまで。
感動したな~、Uボート。
2011-07-15 金 04:12:48 | URL | beagleone [編集]
アルペンさんへ
> 北の雰囲気、バリバリ出てますね!! 休暇、楽しまれたようですね!
***********
やっぱり、北ドイツは南とは全く違いますね。
休暇前半は、とても楽しく過ごしました。

> わたしの聖霊降臨祭休暇はずっと家で過ごしました~(涙)
**********
あらら、ご自宅で過ごされましたか。
まあ、アルペンさんご夫婦は、いつも仲良くドライブして出かけておられますので・・・。
2011-07-15 金 10:32:40 | URL | げろんと [編集]
beagleoneさんへ
> やっぱりリゾート地というのは街をかわいらしくデコるんでしょうか?
*************
メインストリート沿いのお店は、ありがちなドイツの田舎町って感じ(要するにセンスが悪い)だったのですが、一本裏に入ると、素敵でした。

> 北部の海の籠チェアにはそんな理由があったんですね、なるほど。
**********
そう、風よけ・砂よけに便利でした。
砂浜にタオルやゴザをしいて寝転がると、あとで腰が痛くなりますし・・・。

> キール、昔Uボートを見たくて行きましたよ~
> キールからバスでラボエってところまで。
> 感動したな~、Uボート。
************
実は、私はキールには行けずじまいだったのです。
キール在住のお友達と長電話しただけで終わってしまいました。
beagleoneさん、なかなかマイナーな所にも足を運ばれますね。すごい・・・。
2011-07-15 金 10:37:26 | URL | げろんと [編集]
Uボート
昔のドイツ映画でDas Bootだったかな?
日本ではUボートというタイトルで放映されたのだと思うのですが。。
あの戦勝国アメリカには絶対作れないような救いようのないラストの映画。
あの映画が好きで、どうしても見たかったんです!!
実際のUボートを見たときは、映画と一緒のエンジンルームや
魚雷発射口に感動しました~
2011-07-15 金 15:09:19 | URL | beagleone [編集]
beagleoneさんへ
> 昔のドイツ映画でDas Bootだったかな?
*********
へぇ~、そんな映画があったのですね。
夫なら知っているかもしれないので、きいてみます。
戦争に関する映画とか、製作国の政治的状況にかなり影響される(要するにプロパガンダ?)ので、ホント、各国で同じ事実を全く違う角度から描くんですよね。

キール、そのうち行きます。
でも、その前に、ノルマンディーで魚介とカルバドス・・・。
やっぱり、食い意地には負けます。
2011-07-17 日 14:22:31 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。