■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
EHECの影響は?
sieboldgarten


Natur in Kitzingenのオープニングセレモニーについての記事をアップしなければならないのに、飛び入りの仕事が入ったり、用事が重なったりして、バタバタしたために、帰宅するとグッタリ。
なかなかアップできないままで申し訳ありません。
お詫びにということで、出来上がったシーボルト庭園内の小屋の写真でも。
屋根は、緑色のビニールシートの上に、茣蓙のようなものを広げたら、それなりに見えますね。
壁の部分は、シーボルトの生涯、シーボルトが欧州に紹介した日本の植物などの説明を印刷した帆布のような生地が張ってあります。はい、ほぼ吹きさらしです。でも、遠巻きに見ると、それなりに見えます。



そうこうしているうちに、北ドイツを発端に、ドイツ全土で広まりつつある 


EHEC


腸管出血性大腸菌 (独・Enterohämorrhagische Escherichia coli)


感染による溶血性尿毒症症候群(HUS)による死者が18名を超えたのだという報道。

先週の時点では、「スペイン産のきゅうりから病原と思われる菌が見つかった」ということでしたが、どうもこれは、「感染源の確定を急ぐあまりの、勇み足だった」らしいことも判明。
あまりにも発表が早すぎたので、そんなことだとは思っていましたが・・・。

ただし、「引き続き、サラダ菜(Blattsalat)、きゅうり、トマトを生で食べないように」という注意が出されていますので、農家の方々の打撃は相当なものだと思われます。


在独の日本人の方々も、「当分は生野菜を食べない」とおっしゃる方が続出。
確率から言って、もともとは、腸内細菌なわけですから、生野菜を食べて大腸菌にあたる確率よりも、サラミ(火を通していない肉類の代表?)や火がしっかり通っていないステーキや肉類のほうが、大腸菌の危険が高そうですよね。
それに、生魚、生牡蠣を食べて寄生虫に当たる確立のほうが、腸管出血性大腸菌にあたる確立よりも高いだろうなと思うのですが、確かに、「何もこの時期に、わざわざ問題の渦中にある生野菜を食べる必要はない」という意見にも納得してしまうので、無理に「生野菜をガンガン食べましょう」などとは言いません。


とは言うものの、げろんと、毎日のように生野菜を消費しております。

トマト・きゅうりは皮をむき、まな板・包丁もしっかり除菌。
サラダ菜も、ビタミンがすっかりなくなると思われるほどに洗って、食べます。
最初のうちは、炒めたり、スープにしたりしていたのですが、面倒なので、すぐに脱落したというのが、本当のところ。根性なしのげろんとです。

独逸人の調理の仕方を見ていると、この高温が続いた時期にも、「野菜をしっかり洗わない」とか、「肉と野菜を調理するときに、まな板や包丁を洗わないまま、同じ包丁・まな板を使って切っている」とか、そんな感じなんですね。
これじゃ、材料の「生野菜がどうこう」以前の問題で、衛生管理がなっていないわけです。
げろんとも、もともと大雑把な性格ですので、この辺はいい加減なんですが、気温が上がってくると少し衛生管理に気を使うのは、湿度も高い日本で暮らしていたのだから常識と思っているのかも。


まあ、何といっても、あれだけ毎週、宝くじLottoを買ってもあたらない我が家。
大腸菌にも当たらないはず・・・と、堅く信じております。
(変なところで信心深い??)


げろんと医院では、そんな世間のパニックは他人事かのように、時が流れています。
半分程度が外国系の方なので、みんな情報量に限りがあるのかもしれないんですが、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)のときとは、反応が大違い。あれは、予防接種がラマダンとも関連していたので、皆がこぞって予防接種を受けに来てくれましたっけ。

実は、あと1週間ちょっとで休暇に入る関係で、地元の新聞に「休暇告知」の広告を出しました。
患者さんたちは、EHECよりも、げろんと医院が休暇に入ることのほうが重要らしく、広告が出た翌週から、処方箋や紹介状を取りに来たり、血液検査にやってくる人が続出。
げろんとの仕事も、焦って電話を掛けてくる人が多くなったので、毎日がスタンバイ状態。


たった一つあげられるのは、このパニックに乗じて、タダの下痢だと思われるのに、往診を要求(それも祝前日だった水曜の夜に)する電話を、ろん夫の携帯に掛けてきたトルコ系の女性。

この家族、独逸語がマトモにできない。(これは、この家族に限ったことではないのですが・・・)
そして、何かと理由をつけて、隣人(独逸人)に電話を掛けさせて(←本人たちは電話を持っていないらしいです)、時間外に往診を要求するため、ろん夫が苦手としています。
祝前日ということで、ろん夫は当番医ではなく、まずはそこで断りつつ、症状を尋ねると、「前日からの激しい下痢と腹痛、そして(本人が言うには)血便」。
ということで、「血便が出ていて、話題になっている病気を心配しているなら、僕が往診したところで何も出来ない。何よりも、それだけ下痢が続くなら、点滴による水分補給も必要だから、今からすぐに病院に行くように」と指示を出したようです。

患者さん本人は、電話の向こうで、泣きながら大騒ぎ。
ろん夫の報告によれば、

Ich tod. Ich tod.を連発したそうです。

文法的に大間違いな独逸語ですが、
Ich=一人称単数(英語のIに相当)
tod=形容詞・死んでいる(英語のdead)ですので、本人は「ああ、私は死ぬんだわ」と悲観視したのでしょう。
体調が悪いときは、ネガティブな思考に陥りやすいですからね。汗


私自身、トルコ系の学友を見ていて感じたのは、彼女たちは「痛み」やら「苦しみ」に対して、大げさすぎるほどの反応を見せることが多いということ。
どこまでが本当で、どこまでが芝居なのか、見当がつかないのです。
(いや、本人たちはきっと、本気で苦しんでいるのだと思うんですが・・・。)


で、この患者さん、本人が心配していたEHECだったのか??

というとですね・・・。
どうやら違ったようですよ。

たまたま今朝、診療所に行ったら、
「あの患者さんね、点滴だけ受けて、その日のうちに帰宅したらしいわよ」という報告を受付嬢から受けましたので。
いくら田舎の病院の当直医でも、この時期に話題の下痢が疑われる患者さんを帰宅させるようなことはしないでしょう。「若い患者さんに何かあったら、気の毒だ」と心配していたげろんと、少しホッとしました。


きっと、独・日の報道を見ていると、ドイツ中がパニックに陥っているような気分になってくると思いますが、少なくとも、げろんと家とげろんと医院の患者さんたちは、落ち着いております。

ろん夫と話していたのは、
「多分、感染源の特定ができないまま終わっちゃいそうだよね」
という点と、
「今、みんなが躍起になって、下痢の原因を調べるから、感染者の数が増えるんじゃないのかな」
という点。

どちらにしても、休暇中に北ドイツ方面に行こうと思っていたげろんと家にとっては、休暇の過ごしかたが変わってくるので、一大事。
一応、休暇用アパートFerienwohnungを格安で借りることになっているのですが、場合に寄っては、「野菜は南ドイツから持ち込み、全て火を通すこと」とろん夫から指令が出て、げろんとの「休暇=ゴロゴロ」の予定が大幅に変わってくるかも。
こんなことなら、最初から高くてもホテルを予約しておけばよかった・・・と、自らのケチケチ精神を恨んでおります。そしたら、「自分たちで料理できない=料理しなくても良い」ので、楽できたのに。


EHEC、仕事上よりも、どうやら我が家の休暇に打撃を与える可能性が大きいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑今日も、ポチッと応援おねがいします。


スポンサーサイト


げろんと的 独逸時事  | 14:40:53 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
EHEC問題、まだ原因がわからないようですね。うちもレタス、生で食べてしまっていますが・・とうなんでしょう。^^;
げろんとさんのせっかくの休暇も、料理という仕事がついてくるかも?早く落ち着くといいのですが。
2011-06-03 金 22:07:54 | URL | withflute [編集]
withfluteさんへ
これだけひろがっているのを見ると、感染源がひとつだという説明はつかないような気がしてしまうのですが、これは素人の考えることなのでしょうか。

> うちもレタス、生で食べてしまっていますが・・とうなんでしょう。^^;
*********
私も、もう少し気をつけなきゃいけないのかなと思いつつ、今のところ、何も起こっていないので・・・。

> げろんとさんのせっかくの休暇も、料理という仕事がついてくるかも?早く落ち着くといいのですが。
*************
料理自体は面倒だけど仕方ないなあと思うのですが、お腹が一杯で動きたくないときの片付けって嫌ですよね。
うちは夫のしつけが悪かったのか、マメに台所を片付けるということに協力してくれないので、こういう衛生管理が重要な時期には役に立ちません。
2011-06-05 日 09:37:01 | URL | げろんと [編集]
休暇
お休み、楽しみですね~~♪ 
先週までキュウリ、タダ同然で売られてましたが、山のように残ってましたね。
シロとなりましたが、今では売れてるんでしょうか?

私も後1週間で休暇です~! ウレシイ♪
2011-06-05 日 17:08:18 | URL | アルペン55 [編集]
アルペンさんへ
> お休み、楽しみですね~~♪ 
*********
今回、騒がれている北ドイツに1週間ほど出かけるつもりだったので、楽しさ半減です。
でも、夫もそろそろ休暇が必要な精神状態になってきました。

> 先週までキュウリ、タダ同然で売られてましたが、山のように残ってましたね。
> シロとなりましたが、今では売れてるんでしょうか?
**********
地元の独逸人の友人たちは、それほど気にせず食べていますね。
この辺の地元産ということで、みんなタカをくくっているのかもしれません。(私も・・・)

> 私も後1週間で休暇です~! ウレシイ♪
**********
お互いに、あと1週間、がんばりましょう。
アルペンさんは、お出かけの予定ですか??
2011-06-05 日 17:45:39 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。