FC2ブログ
 
■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
春うらら タウバー川
独逸では、暖かい日々が続いております。
このまま春になってくれる・・・と信じて、そろそろタイヤ交換の予約を入れようと思っています。
自分で交換する方もいるのでしょうが、不器用なげろんと夫婦は、無理せずプロに頼みます。


日本より客人が来てましたので、近場に出かけました。

まずは、おにぎりと「買った」ゆで卵、サラダを持って、お散歩がてらピクニック。
こんな景色を眺めながら、お昼ご飯を食べました。

taubertal


腹ごしらえした後は、少しお散歩。
車に戻る途中で、これから向かう目的地をパチリ。

tauber mit rothenburg

ここは、どこでしょう?


答えはね・・・。





旅行者の定番

Rothenburg ob. der Tauber ローテンブルク



rathaus rothenburg

この町の市庁舎。
カフェの椅子から座ったままで撮影しました。
相変わらずの「ものぐさ」です。

カフェで一休みした後、再び街中を歩きながら、街を取り囲む城壁の上に出てみました。

mauer rothenburg

こんな感じで町が見えます。

客人は、年に2回ほど、げろんと家にやってきますので、ローテンブルクにも何度も来ています。
当然、げろんとも何度も来ています。

それでも、青い空の下を散歩しながら、旅行者でにぎわう町並みを見ていると、とても良い気分転換になります。

城壁をさらに歩いていったら、こんなものがありました。

theater rothenburg

野外劇場。
今でも使われているんでしょうか。

寒かったり、暑かったりすると、なかなかここまで歩いて来ないので、今まで知りませんでした。


こんな美しい青空とは打って変わり、今日は朝から雨。
時には、雨も必要ですが、洗濯物が乾きにくそう。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今日も↑↑ポチッとお願いします。

スポンサーサイト
げろんと紀行 | 08:42:07 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
いいですねぇ
ローテンブルクをのんびりお散歩。
こんな野外劇場の発見も楽しいですね!
2011-04-05 火 00:04:57 | URL | beagleone [編集]
beagleoneさんへ
暑いくらいに元気の良い日差しで、冬の間の日光不足を補うにはぴったりでした。
ローテンブルクの最大の利点は、日・祝日もお店(土産物屋中心ですが)がやってるということ。
何かを買うわけではないけれど、気分が華やぎますので・・・。

2011-04-05 火 07:31:44 | URL | げろんと [編集]
暖かかったですよね♪
週末は仕事が無ければどっかに出かけてたかも~~??っていうくらいお天気が良かったですが、花粉が飛びまくってて私は咳が出て、目は真っ赤です、今も、、。 ローテンブルクに行くと、よってしまうのが和食屋さんです(笑) シーボルト財団に少し寄付しました♪
2011-04-05 火 21:33:23 | URL | alpen55 [編集]
アルペンさんへ
あ~、週末はお仕事でしたか?
(教会のお仕事でしたっけ?)
花粉症、私は2月あたりが一番酷かったのですが、やはり涙・くしゃみでやられています。
外に出るのが億劫になってしまいますよね。
ローテンブルクの和食って、パリの美術館の名前がついているお店でしょうか?
気になったのですが、まだ夕食には時間が早くて、そのまま帰ってきちゃったのです。

> シーボルト財団に少し寄付しました♪
***********
ありがとうございます。
どうやら、この寄付は、マルテーザーを通じて、一関の修道会系孤児院(現在、震災孤児も50人ほど預かっているそうです)が倒壊してしまったので、そこの再建に使われるようです。使い道がはっきりしていると、寄付もしやすくなりますね。
2011-04-06 水 07:22:49 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。