FC2ブログ
 
■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
音で和む:チェンバロの響き
長距離通学をやめてから、随分と車の運転がおとなしくなりました。
時間に余裕ができたためか、チンタラと走る車が目の前にいても、イライラすることも減りました。
いや、実際には時間に余裕が出来たら、家でのんびりしちゃって、「あ~、仕事に遅れそう」なんて、あせっていることのほうが多いのかも。

それでも、時々、やっぱりあるんです。

「あ~、目の前のこいつがもう少しサクサクと走ってくれたら、今、この信号で止まらずにすんだのに。」

って、腹の立つことが・・・。


普段は、車の中では、ネズミ捕り情報が詳しく流れる、地元のラジオ局にチャンネルを合わせて、ラジオを聴いているげろんとですが、最近、車の中でイライラし始めると、クラッシックラジオに周波数を合わせるようにしています。

今日は、何故だか、イライラが最高潮。
クラッシックラジオにしてみたら、美しいチェンバロの音色が聞こえてきまして、心が急に落ち着き、車を降りる頃には、華やかな気分になりまして・・・。

たった5分足らずのことでしたが、美しい音というのは、やはり心にもポジティブな影響を与えるものなのですね。
音楽の才能に恵まれないげろんと、自分で楽器の演奏などしたら、余計にイライラしそうですが、自ら美しい音を奏でることが出来る人って、幸せだろうなと思った瞬間でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


げろんとのつぶやき | 13:34:08 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
こんにちは、げろんとさん!

ドライブ中の音楽って、かえって集中して聴けてしまう時があります。
自分が弾けたら幸せかどうかはおいといて(笑)どんなに仕事のイライラが募っても、軸が音楽だということがいろいろ救っているシチュエーションも多々あります。
私も最近生のチェンバロ演奏を聴き体の隅々まで洗われたようになったとこでした。
げろんとさんのイライラがなくなって良かった...。
2011-01-14 金 18:22:24 | URL | コーヒーキャット [編集]
免許はあるけれど
ドイツでまだ運転したことがありません。
日本では普通に運転していたのですが、逆走行だと思うと躊躇してしまって・・・。昔ハワイの田舎の島で、ほとんど車が走っていないようなところでレンタカーを借りて運転したときですら、右折なり左折なりしたときに、誤って逆の車線に入ってしまいました^^;対向車がなかったので助かりましたが。あとウィンカーのつもりがワイパーだったり・・・。慣れだとは思うのですが!ドイツで運転が出来る日本人の方はすごいな~と思っている私です。
2011-01-15 土 15:12:56 | URL | はっち [編集]
コーヒーキャットさん
こんにちは、コーヒーキャットさん。
お返事が遅れてしまって、申し訳ありません。

> 自分が弾けたら幸せかどうかはおいといて(笑)
*********
なるほど。私のように弾けない人間は、「弾く」こと自体が目標だけど、弾ける人は、もっと上を求めてしまうでしょうから。

> 私も最近生のチェンバロ演奏を聴き体の隅々まで洗われたようになったとこでした。
> げろんとさんのイライラがなくなって良かった...。
*********
生のチェンバロ演奏、憧れです。

音楽って、不思議ですね。
私のような素人でさえ、素晴らしい演奏によって、鳥肌が立ったり、心が穏やかになったり。
いや、ど素人だからこそ、難しいことを考えずに、「ああ、美しい」と単純に感動できるのかもしれないです。
2011-01-17 月 14:30:30 | URL | げろんと [編集]
はっちさんへ
私は、ドイツの免許に書き換えてから、自動車教習所に頼んで、5回くらい教官と路上運転(って、ドイツは路上教習しかないですね)を練習しました。これをするだけで、精神的に違ってきます。
日本では、オートマしか乗っていなかったけど、こちらではマニュアル車でしたので、路上に出る前に、閉店後のスーパーの駐車場でも、夫と二人でクラッチの練習をしました。

1人で車に乗れると、危険と責任も増えますが、行動範囲も広がるし(←田舎暮らししていると、これ重要な要素です)、移動時間短縮にもなったり、便利なことも多いです。
現在は必要なくても、将来のことも考えて、まだ若くて反射神経のあるうちに、こちらの運転に馴染んでおかれることをお勧めします。人間の脳って、自分が願っているほど若くはないのが現実ですから。

2011-01-17 月 14:44:53 | URL | げろんと [編集]
それは意外な~~
有閑マダムのように優雅で落ち着かれてるとばかり思ってましたよ!!(笑)
チェンバロの響きで気分がよくなられて良かったですね♪ マイン川、まだ溢れてるところもあるようですが、昔行った町ですが、ヴェルトハイム、浸かってますね、、、。
2011-01-18 火 11:23:10 | URL | アルペン55 [編集]
アルペンさんへ
> 有閑マダムのように優雅で落ち着かれてるとばかり思ってましたよ!!(笑)
**********
いや~、そんな落ち着いた大和撫子じゃ、独逸で暮らせませんよ~。
私、短気だし、気分屋なのです。

> チェンバロの響きで気分がよくなられて良かったですね♪ マイン川、まだ溢れてるところもあるようですが、昔行った町ですが、ヴェルトハイム、浸かってますね、、、。
********
音楽って、とても不思議ですね。
どの世界でも、プロだと、きっともっと色々な葛藤があるんでしょうが・・・。

げろんと医院のある田舎町、いまだに溢れている部分があるそうです。
2011-01-19 水 21:00:48 | URL | げろんと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。