■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
トホホな国際免許
日本で身分証明書代わりに人質にとられている免許証が期限切れになってしまいました。

私の誕生日(10月終わり)前後というのは、大学時代なら新学期が始まる時期。
いろいろと準備があったりして、免許の更新に帰国というのは無理でした。
そして、今回は太郎の洗礼式の準備と仕事のため、帰国できず。

毎回、更新の知らせが来ても、里帰りできず、期限を切らしてました。


以前も沖縄に行ったり、東北旅行の際に、レンタカーを借りて運転しました。
東北旅行では、免許を更新した後だったので、日本の免許証でしたが、沖縄では国際免許を使ったはず・・・。

今回も、何の疑問もなく、国際免許を取得してきました。

ところが、某所で呟いたら、
「日本じゃ、ドイツの国際免許じゃ運転できません」と言われまして。

慌てて調べてみました。

何でも、ジュネーブ交通条約とウィーン交通条約という二種類があり、日本は前者のみ加盟。
ドイツは、逆に後者のみ加盟で、ドイツの国際運転免許は日本では有効でないのだそうです。

ところが、二国間協定により、「日本の国際免許は、日本の国内免許とあわせて携帯していれば、ドイツ国内でも有効」なのです。(日本の国内免許&免許の独逸語翻訳の携帯でもOK)
もっと驚くことに、逆に「ドイツの国際免許は、日本国内では無効」・・・。
ドイツの国内免許と(JAFや大使館・領事館で出される)免許のドイツ語訳を携帯している場合にのみ、日本でも運転することが許されるそうです。


何で、そんなケッタイなルールにしたんじゃ??
こういう取り決めって、普通は二国間で平等に扱うもんじゃないの??


そんなわけで、実家に近いJAFを探しましたら、車でしかいけない場所か、運転免許試験場に行く途中の駅近くにありまして・・・。
「そこまで電車で出てくんなら、平針まで行くわい!!」と突っ込みたくなりました。

いや~、JAFさん、セントレアに翻訳専門の出張所を作ってください。
500円くらい高く手数料を取ってくれても、げろんと、空港で直接翻訳してもらったほうが助かります。
(そう思う人、多いと思うのね。)


ところで、以前はドイツの免許に書き換えるときに取り上げられた、日本の運転免許。
げろんとは、結婚したときに、「名前を変えなきゃいけないんです~~」などと、役所の運転免許課でお願いして、取り返してきました。
何だか、皆さん、返却してもらえるようになったそうですね。
あの時に、役所のおばちゃんに涙見せながらお願いした苦労は何だったんでしょう。

里帰りの荷造り、ちっとも進みません。
ブログの更新はストップ(今も、ほとんどストップしてますが)いたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑今日もポチッとお願いいたします。

スポンサーサイト
身近な出来事 | 23:31:17 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。