■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
指定文化財の家に住む
hubers


2泊3日の小旅行、最後に訪れたのは、ろん夫の元上司の家。
これは、Fladungen市の文化財として指定されている、由緒正しき建物。
もともと、彼のお父さんが医院を経営していた建物ですが、戦時中はNSの関連施設、戦後すぐには連合軍が使っていたそうです。

元の持ち主の手に戻って、再び診療所兼自宅として使われていましたが、閉院と同時に息子家族(ろん夫の元上司一家)が自宅に戻り、両親との2世帯住宅として使われているようです。

このように文化財に指定されてしまうと、持ち主は大変。
改築も「文化財を保護する」ことを優先させなければならないので、自分の思う通りには改築できません。
そして、この手の建物の改築は、しっかりした業者に頼んで、特別な建築資材を使わなければならないとかで、半端じゃなく高くつきます!!
元上司も、屋根の部分を改修をするために、普通の一軒家が一軒建つような金額の借金をしたのだとか。

げろんとも、こういう家に憧れていましたが、元上司の話を聞いていると、「うちじゃ無理ね。」という結論に達します。
ちなみに、この家、家だけじゃなく土地を取り囲む柵も、文化財指定を受けているとか。
修繕が必要になってきたときに、車が突っ込んでくれたお陰で、費用を負担しなくて済んだと、元上司が喜んでいました。不幸中の幸いとは、このことですね。

こういう家は、住むのじゃなく、時々、遊びに行って外から眺めるのが一番。
実りの秋・・・ということで、4000平米の庭に広がる果樹園もにぎやか。

zwetschge

プルーン狩りを楽しみ、プルーン入りのチーズケーキとプルーンジャムを作りました。
独逸のQuarkを使ったチーズケーキは、もともとさっぱりして美味しいけれど、プルーンを細かく切って入れると、更にさっぱりと食べられました。
プルーンジャム、今まで作り方を知らなかったけれど、砂糖とスパイス(クローブとシナモン。私はバニラも入れてみました)を入れて、オーブンでじっくりと火を通すんですね。意外と簡単なので、どこかでプルーンを頂いたら、また作ってみようかと思いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

最終的には、「食べ物ネタ」。相変わらず食いしん坊です。
↑↑ポチッと応援、お願いいたします。

スポンサーサイト
げろんと紀行 | 23:47:36 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。