■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Natur in Kitzingen: 5月27日開幕
以前に、げろんと医院がある田舎町で開催される園芸ショー


Natur in Kitzingen


の宣伝のお手伝いをしたことを記事にしました。(記事はこちら


会場が職場の近くということもあり、出勤の度に眺めていたのですが、ここ2週間くらいで必死に準備を行っているようです。
患者さんが、「この暑さの中、12時間勤務させられている」とぼやいていました。

当然、会場だけではありません。
園芸ショーにあわせて、町中、ペンキ塗りをしてみたり、(今更、開幕に間に合うわけ無いのに)道路工事をしてみたり。どうも、準備作業のシュミレーションがうまくいっていない感がありますが、まあ、これはどこでも似たようなものでしょうか。


その園芸ショー、とうとう明日5月27日開幕です。

開幕式典には、げろんともご招待を受けたので出席するのですが、それに先立ち、会場内に設けられた


シーボルト庭園


を一足先に見る機会に恵まれました。
いえ、ちょっとしたお手伝いを頼まれまして、ちょうど出勤していたので、昼休みに足を運んだに過ぎないのですが。

まずは、シーボルト庭園(って、ほどじゃないんですけどね)の入り口にある説明を。

tafel sieboldgarten

ちょっと小さくて読みにくいですね。
実は、げろんとも忙しかったので、全文読んでおりません。


gartenhaus

これが、茶室としても使う予定だという小屋。
目の前を流れるマイン川流域の材木を使ったのだとか。

屋根は、何と予算の関係でビニールシート。
壁は、シーボルト・シーボルトとキッツィンゲン市の関連などの説明を入れたポスターを貼り、一応、雨風を凌げる程度には覆われるようです。

私が企画したら、こんな風にはならなかったと思うんですが・・・。(涙~~)
これ以上、何も言うまい。


庭の全体なんですが、写真を撮り忘れました。
明日の開幕式典で余裕があったら、とってまいります。


で、げろんとが急遽呼び出された理由は、こちら。


stein fukushima

「日本で起こったことを忘れてはならない」
という気持ちをこめて、椅子としても使われる庭石に


福島


の二文字。

日本人としては、事故後の対応などを遠巻きに見ていると、「何となく居心地の悪い」というのが正直な気持ち。
多くの独逸人にとって、「福島」というのは、「ヒロシマ・ナガサキ=被害者」という位置づけとは違い、日本という国の非常にネガティブな面を思い起こさせているのではないかと思うのです。
それに、震災の被害に遭ったのは、東北・北関東の太平洋側の方々。福島という言葉だけが独り歩きすることには、疑問が残ります。
まあ、企画した人は、一番インパクトのある地名を選んだに過ぎないのでしょうし、日本を思う気持ちは伝わってくるので、文句を言ってはいけませんね。

で、げろんとが何をしたのか?


えっとですね。
企画者も職人さんも、
「この不思議な文字の上下左右は勿論、二文字をどのような順番で繋ぎ合わせればよいのかわかない」
ってことで、げろんとが呼び出されたわけです。


この日の午前中に問い合わせのメールを頂いたそうですが、朝から出勤していたげろんと、オフライン状態の職場では、メールの確認もできず、携帯で呼び出されたのです。
超多忙だった1日の、折角の昼休みが、このために消えちゃいました。涙


気を取り直して、少しお庭の様子でも。




続きを読む >>
スポンサーサイト
身近な出来事 | 12:05:43 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。