■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ろん夫、新聞の一面を飾る
そういえば、日本では、昨日28日が仕事納めでしたね。
独逸では、「仕事納め」とかそういう概念がないように感じます。

夫が会社勤めしていた頃には、クリスマス~年明け(三聖人の祝日まで)は、会社の生産を止めるために、仕事がお休みになりました。といっても、有給休暇を消費するという形でした。

某化学会社勤務時代は、カレンダーどおり。
あの会社は、当直やら救急医当番やらもありましたから、確か、12月30日まで当直で働いていたような覚えがあります。

産業医派遣会社に勤めていたときは、お得意先が休みになることが多いという理由で、やはりこの時期、有給を取らされた覚えがあります。

病院勤務時代は、これまたカレンダーどおり。
当直も入りましたし、特別な休みは取っていなかったと思います。
遠い過去のことで記憶が定かじゃないのですが。


そして、開業してからは、やはりカレンダーどおり。
開業医仲間では、この時期、休暇をとる人もいますが、ろん夫は代診をしなければならないので、12月24~26日と12月31日・1月1日以外は、お休みになりません。今回は、2日が日曜日なので、たまたま3連休になりますが・・・。
当然、げろんとの弁当苦行もカレンダーどおり。
欧州を襲った雪の影響なのか、スーパーの食材も新鮮さに欠けるし、かといって、冷凍庫が一杯で冷凍食材を買うことも出来ず、どうもお弁当のおかずに困ります。
(冷凍食材、今なら窓の外に放置しておいても溶けないかも・・・。)


そうそう、タイトルの通りです。

ろん夫、約1年ぶりに、新聞の一面を飾りまして・・・。
この新聞、げろんと医院がある田舎町の情報しか載っていない「超マイナーな地方紙」。

「付近の家庭医のなかで、ダントツに若い」という理由だけで、インタビューを受けたわけです。

内容は、家庭医のなり手がいなくて、「近い将来には、家庭医不足が深刻になる」ってことでした。
げろんと医院、大学町から20キロ程度の距離でして、田舎とはいえ、大学町からの通勤圏内とも言える地域です。
それでも、最近の若い人たちは、家族(子供の教育と妻の希望)のことなどを考えて、大学町から引っ越したがらない傾向にあるようです。開業もできれば、大学町でと考えるようです。
うちも、実際に、大学町付近から引っ越したくないと思っていますので、気持ちはとても理解できます。(←勿論、妻の希望)

まあ、そんなわけで、大学町から近い田舎町ですら、引退する開業医の後任が見つからない現状。
これを危惧した記事に、「開業医の道を選んだ」ろん夫が登場して、若い医師たち気持ちを代弁したわけですね。


しかし、これが一面で載るってことは、逆に言うと、ものすご~く平和な田舎町。
こういう田舎町で、地域の住民と向き合って、地域医療に貢献できるというのは、幸せなことなのかもしれません。収入がそれなりに追いつけばねぇ~。爆


何だか、いろいろとありまして、年内の更新は難しそうです。


皆様、今年1年、つたないブログにお越しくださいまして、ありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑ えへへ。今年最後のポチッを忘れないでね~。








スポンサーサイト
げろんと的 独逸時事  | 10:35:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。