■プロフィール

げろんと

Author:げろんと
げろんと医院へようこそ。

このブログに記載された文章や写真の転用はご遠慮ください。

■最新記事
■皆様のコメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも一覧

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
げろんとテレビに出る・・・かも?
タイトルのとおりでございます。

テレビカメラが回っているところで、一応、被写体の一部としてたむろしておりました。


独逸には、あれこれと理不尽な法律が存在しておりまして、その法律にさえ則っていれば、住民の負担や不満など考慮しない政治家が出した決定に、腹を立てておりまして・・・。
簡単に言えば、
「一定の条件が整えば、道路の修繕費用の一部(これは自治体によって違うようですが、多くの場合は60~90%)を沿線住民・土地所有者に負担させることが許される」
というものです。

どうやら、げろんと家、この法律のおかげで、大出費を強いられる可能性がありまして。
この市議会での決議にさかのぼること一年、住民の会というものを発足させ、みんなで知恵を出し合って、自治体との折衝を重ねたのですが、相手は「ほぼ破産状態の市の予算を減らすことに躍起になっている」専門家たちですから、太刀打ちできません。住民の反対にも関わらず、さっさと可決されてしまったのです。


それに対するプロテストの一環として、街路樹1本1本に黒い布を結ぶという行動を起こしたのが、10日ほど前だったでしょうか。


trautenauer.jpg

お、げろんとの愛車ライオン丸も遠くに写ってます。


その行動と前後して、あちこちの地元メディアでも、住民の不満をぶちまけてきました。
ろん夫も、たまたま受けた「あなたの不満をぶちまけてください」というラジオ局のインタビューで、この件について発言をして、ネットにものりまして・・・。

そして、今日は、バイエルン公共放送がロケに来たのです。
テレビ局側の要望で、「できるだけ多くの住民に集まっていただきたい」というのがありましたので、げろんとも出かけてきました。

といっても、前述の通り、ただおしゃべりしていただけ。
重要な人々やら、出たがりの人々は、カメラの前で自分の意見を述べておられましたが、げろんと、基本的には目立つのが嫌いですので・・・。


そんなわけで、明日6月1日火曜日独逸時間18時より、Bayerischer RundfunkのAbendschauというニュース番組で、2~3分だけですが、この問題について報道される予定です。ご興味がありましたら、ご覧ください。
(ところで、この報道って、フランケン地方だけのものなんでしょうか??)
ただね、独逸の大統領が辞任したんです。
この影響や他の予期せぬ大事件とかで、報道が先延ばしにされちゃったら、困るなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

↑↑ げろんと家、ピンチです。どうぞ応援のポチッをお願いします。



スポンサーサイト
げろんと的 独逸時事  | 22:10:24 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。